箱に詰めて送るだけ!着物の宅配買取の流れとメリットデメリット

買取方法で選ぶ
着なくなった着物を買い取ってもらいたいけど、どのような方法で査定してもらえばいいの??

着物の買取方法は大きく分けて3つあります。

  1. 持込買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取

個人の希望や状況に合わせて、上の3つのいずれかの方法で着物の買取を行うことができますが、今回は、❸の宅配買取についての利点や買取の流れをご紹介したいと思います。

【1】宅配買取とは?

まず最初に、宅配買取とはどのような買取方法なのでしょうか?

宅配買取とは、全国問わず自分の空いている時間に着物を送り、専門スタッフが査定して結果を報告してくれる買取方法です。

忙しくて直接見てもらう時間がなかなかとれない方や、買取店も出張サービスもない地域に住んでいる方にありがたい方法ですね。

宅配の送料は買取店負担(着払い)になるので、売却する場合は問題ないですが、査定額に納得できずキャンセルする場合、ほとんどの買取店で返却の送料が客負担となります。

【2】宅配買取の流れ

続いて、宅配買取の流れを見ていきましょう。流れは4ステップです。

①買取の申込み

買取店に電話やメールで連絡をして、宅配買取の手配を行います。

売りたい品物の詳細を伝えたり、宅配買取のおおまかな流れを聞きましょう。発送の際に必要な書類や発送方法を説明してくれます。

②品物の発送

売りたい品物をまとめて発送します。

この際、品物だけではなく以下の2つを一緒に梱包するのを忘れずに。

  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証等)のコピー
  • 宅配買取の申込書などの書類(ウェブからダウンロード&印刷可能)

どこの買取店で頼んでも必要になるものなので予め用意しておきましょう。

③査定

専門のスタッフが査定を行い、査定結果の連絡が来ます。(電話またはメールでの連絡となり、買取店によって連絡方法が異なります。)

発送から査定までは早くて約3日間。土日を挟むと5日~1週間ほどのところが多いようです。

④買取金額を銀行口座に振り込み

査定額に納得ができて売却成立になったら、買取金額が指定の銀行口座に振り込まれます。

(銀行の営業時間・営業日の関係で、口座への反映が遅れることもあります。)

査定額に納得ができず返却を希望の場合、キャンセル料はかかりませんが送料がかかります。買取店から着払いで送られるので、こちら負担でお支払いとなります。

【3】宅配買取のメリット・デメリット

それでは次に、宅配買取のメリットとデメリットを見比べてみましょう。

宅配買取のメリット
  • 自分の好きなタイミングで送るだけ
  • 全国どこでも対応(送料無料)
  • 査定員とわざわざ会う必要がない
  • 店に持ち込む手間がかからない
宅配買取のデメリット
  • どんな人が査定しているのかわからない
  • 書類準備や身分証コピーなどの手間がかかる
  • 査定までに数日かかることがある
  • 買取額の振込みに数日かかることがある
  • キャンセルの場合は返却の送料がかかる

持込や出張と違って、査定員と時間を合わせたり直接会わなくても、自分のペースで買取の段取りが組めるのが魅力の宅配買取。

家に来てもらうにしても、店に持って行くにしても、ある程度の時間はとられてしまうので、その点宅配は時間を気にしなくていいのがラクですね。

ただし、自分のペースで準備はできるものの、書類に記入したり身分証をコピーするなどの手間もかかります。また、査定・買取額の振込みに時間がかかるのでお急ぎの方には向きません。

また、高価なものや、思い出の詰まった大事な着物を売りたいときは、やっぱり目の前で査定してもらうのが安心です。最近では全国対応の出張買取サービスもあるので、高級で大事な着物は出張買取をおすすめします。

【4】最後に…宅配買取はこんな方におすすめ!

①忙しくて買取の時間がとれない方

売りたい着物はあるのに、店に売りにいく暇も、家で査定員を待っている時間もなかなかとれない!

②人に会わずにサクッと売りたい方

査定員と直接会って、無理な営業されたらどうしよう。なるべく人に会わずに、サクッと売ってしまいたい!

宅配買取は気軽さが魅力の買取方法なので、売ろう売ろうと思ってるのになかなか時間がつくれない方や、わざわざ時間をつくって人と会って査定してもらうのに抵抗がある方、ある程度の金額になれば良いからサクッと売りたい方におすすめです。

 

ぜひ着物買取の参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク