着物買取の基礎知識

着物買取のメリット・デメリットとは?デメリットを防ぐ方法も解説

着物を売る前に、着物買取の良い部分・悪い部分を知っておきたいところですよね。

そこで、この記事では、着物買取のメリット・デメリットについて解説します。

結論:着物買取のメリット・デメリット

着物買取のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット お金に換えることができる
プロに査定してもらえる
着物を必要としている人の役に立つ
デメリット 買取店の選択肢が多く、選ぶのが大変
手間がかかる
値段がつかない場合もある

着物買取のメリットを詳しく

着物買取のメリットには、以下のようなものがあります。

着物買取のメリット

  1. お金に換えることができる
  2. プロに査定してもらえる
  3. 着物を必要としている人の役に立つ

1つずつ見てみましょう。

メリット①お金に換えることができる

着物買取の1つ目のメリットは、お金に換えることができることです。

不要な着物を手放したい場合、寄付や廃棄という選択肢もあります。

しかし、着物買取であれば寄付や廃棄とは異なり、着物を売ることでお金に換えることができます。

手に入れたお金は貯金に回したり、欲しいものを買うのに使ったりすることができます。

メリット②プロに査定してもらえる

着物買取の2つ目のメリットは、プロに査定してもらえることです。

着物買取では、査定のプロが着物を見て、適切な値段をつけてくれます。

また、着物の専門性が高い買取店であるほど、一見価値がないように見える着物からも価値を見出し、より高く買い取ってくれる傾向があります。

ちなみに、着物買取のほかにも、着物を売る方法にはネットオークションやフリーマーケットなどが挙げられます。

しかし、ネットオークションやフリーマーケットでは、値段をつける人に査定や着物の知識があるとは限らないため、「本当はもっと価値が高かったのに、安く買われてしまう」というリスクが高いです。

そのため、着物買取が、「高く買い取っもらえる可能性」が最も高い売り方なのです。

メリット③着物を必要としている人の役に立つ

着物買取の3つ目のメリットは、着物を必要としている人の役に立つことです。

着物買取店は、買い取った着物をその後メンテナンスし、再販しています。

また、海外観光客のための着物レンタルに活用されることもあります。

このように、着物を売ることは、着物を必要としている人の助けになるのです。

着物買取のデメリットを詳しく

着物買取のデメリットには、以下のようなものがあります。

着物買取のデメリット

  1. 買取店の選択肢が多く、選ぶのが大変
  2. 手間がかかる
  3. 値段がつかない場合もある

1つずつ見てみましょう。

デメリット①買取店の選択肢が多く、選ぶのが大変

着物買取の1つ目のデメリットは、買取店の選択肢が多く、選ぶのが大変であることです。

インターネットで調べても、着物の買取店は多く、そのなかから自分に合ったお店を見つけるのが困難といえます。

千夏
千夏
『着物買取の極』では、着物買取店をスムーズに選ぶことができるよう、全国でサービスを展開する「おすすめ買取店5選」のほか、各地域での買取店を紹介しています。

デメリット②手間がかかる

着物買取の2つ目のデメリットは、手間がかかることです。

着物買取は、以下のような手順で行われます。

査定のための申込をしたり、査定日を決めたりと、それぞれの段取りに手間がかかります。

また、買取方法ごとに、かかる手間の種類もやや変わってきます。

たとえば「出張買取」を利用する場合、人を自宅に招く必要があります。

また、「店頭買取」を利用する場合はお店に行く手間がかかり、「宅配買取」の場合は、着物をダンボールに梱包する作業がやや面倒です。

千夏
千夏
『着物買取』では、二度手間などがおきないよう、事前に気をつけるべきポイントをまとめたり、よくある質問に回答したりしています。
着物買取のQ&A|よくある質問を徹底解説!着物を売るうえでは、よくわからないこと、不安に感じることが多いですよね。 そこで、この記事では、着物買取に関してよくある疑問に回答...

デメリット③値段がつかない場合もある

着物買取の3つ目のデメリットは、値段がつかない場合もある点です。

着物買取では、査定のプロが価値を見出し、できるだけ高く値段をつけるように努めてくれます。

しかし、あまりにも状態が悪い品や、化学繊維製などで買取需要がない品は、結局値段がつかないこともあります。

千夏
千夏
せっかく見てもらったけれど、値段がつかなかった…ということにならないよう、査定対象外となりやすいものについておさえておく必要があります。

また、申込時に査定品内容を詳しく伝え、買取可能かどうかを聞いてみることも大切です。

査定対象外となりやすいもの

  • ポリエステル、ウールなど化学繊維の着物
  • 肌に触れるもの(肌着や足袋(たび)など)
  • 喪服
  • 家紋入りの着物

まとめ

以上、この記事では着物買取のメリット・デメリットを紹介しました。

メリット お金に換えることができる
プロに査定してもらえる
着物を必要としている人の役に立つ
デメリット 買取店の選択肢が多く、選ぶのが大変
手間がかかる
値段がつかない場合もある

デメリットは事前に着物買取の知識を深めることで、できる限り防止することができます。

「着物を売って良かった!」と思えるように、本サイトの記事で疑問を解消しましょう。

ABOUT ME
着物買取アドバイザー千夏
着物買取アドバイザー千夏
『着物買取の極』の管理人です。 新卒1年目で、Webライター歴3年目。 着物買取について常に勉強しながら、独自調査もまじえ、わかりやすく情報を発信しています。
\おすすめ着物買取店5選をチェック!/

もう袖を通すことのない着物を、次に大切にしてくれる誰かのために売ってみませんか?

着物を売れば、たんすの肥やしが減るだけでなく、お金に替えることで欲しいものを買ったり、貯金に回したりすることができます。

とはいっても、どの買取店を利用すれば良いのか、迷ってしまいますよね。

でも、インターネットで調べても買取店が多すぎて、どこで着物を売るべきかサッパリわからない…
人気の買取店を手っ取り早く知りたい!

そんな方のために、本サイトでは、実績多数の「おすすめ着物買取業者5選」を紹介しています。

続きはこちら

関連記事はこちら