着物買取の基礎知識

銘仙の買取相場はどれくらい?高く売れる条件やコツまで徹底解説

銘仙(めいせん)はいくらで売れるの?
銘仙を高く売るには?

銘仙を売るうえで、このように思っている方が多いのではないでしょうか。

買取に申し込む前に、銘仙の査定に関する疑問を解消しておきたいですよね。

そこで、この記事では、銘仙の買取相場をご紹介します。

また、銘仙の基本的な特徴や、銘仙を高く売るためのコツなどについても詳しく解説します。

この記事でご紹介する相場は、あくまでも目安です。

着物買取では、買取店の査定スタッフが着物の生地や年代などを直接見ないかぎり、正確な査定金額がわかりません。

そのため、実際に査定を受けてみると、この記事で掲載している相場金額とは異なる金額が提示される場合があります。

銘仙の買取相場

銘仙の買取相場の目安は、以下の表のようになります。

無名の銘仙500円〜4,000円
有名な銘仙(※)8,000円〜30,000円

(※)有名な銘仙の例

  • 有名産地の銘仙
    (足利銘仙・桐生銘仙・伊勢崎銘仙・秩父銘仙・八王子銘仙)
  • 有名作家の銘仙

アンティークの一種である銘仙は、買取需要が高いです。

しかし、無名のものであれば、買取相場は数百円〜数千円と安いです。

なぜなら、銘仙着物は古い着物で、保存状態が悪いものが多いからです。

有名な産地の銘仙で、なおかつ状態が良いものであれば、1万円前後〜数万円での買取となる傾向があります。

銘仙とは

銘仙とは、生地を織る際に、経(たて)の糸と緯(よこ)の糸をわざとずらして織ることで、色をぼやかして柔らかい印象した着物のことです。

 
大正時代〜昭和時代に普段着として使われていた着物の多くが銘仙です。

そのため、アンティーク着物の多くが銘仙といえます。

銘仙には、以下のような有名産地があり、産地ごとに特徴も異なります。

  • 足利(あしかが)銘仙
  • 桐生(きりゅう)銘仙
  • 伊勢崎(いせさき)銘仙
  • 秩父(ちちぶ)銘仙
  • 八王子(はちおうじ)銘仙
  • 足利(あしかが)銘仙

ここからは、それぞれの産地の銘仙について詳しく解説します。

足利銘仙の特徴

足利銘仙は、栃木県の足利地域で生産される銘仙です。

足利銘仙はほぐし絣という技法で作られています。

ほぐし絣では縦糸と緯糸を粗く織るため、ぼやけたような模様になるのが特徴的です。

また、色彩が鮮やかであるという特徴もあります。

桐生銘仙の特徴

桐生銘仙は、群馬県桐生市で生産される銘仙です。

もともと桐生市は伝統的な織物の産地として有名です。しかし、銘仙などの「普段着の織物」を作るようになってからの歴史は比較的浅いです。

桐生銘仙は、落ち着いたデザインが特徴的です。

また、シボがあるという特徴もあります。シボとは、織物の表面にある凸凹のことです。

伊勢崎銘仙の特徴

伊勢崎銘仙とは、群馬県伊勢崎で生産される銘仙です。

「併用絣」と呼ばれる技法で作られています。

併用絣とは、同じ型紙で染めた経糸と緯糸を織る方法です。

そのため、カラフルでポップなデザインになっています。

秩父銘仙の特徴

秩父銘仙は、埼玉県秩父で生産される銘仙です。

落ち着いた色合いのものが多いです。

秩父銘仙はほぐしながら織られるため、角度によって違う色合いに見えます。

なお、秩父銘仙は2013年に国の伝統工芸品になりました。

八王子銘仙の特徴

八王子銘仙は、東京都八王子で生産される銘仙です。

「カピタン織り」という技法で作られるため、「カピタン銘仙」とも呼ばれます。

カピタン織りとはオランダから伝わった織り方です。

黒の生地に、黒以外の色の糸を使って細かい模様を織ります。

アンティーク着物の買取相場はどれくらい?高く売れる条件やコツまで徹底解説 アンティーク着物を売るうえで、このように思っている方が多いのではないでしょうか。 買取に申し込む前に、アンティーク...

高く売れる銘仙の特徴

高く売れる銘仙には、以下の5つの特徴があります。

  1. 絹製のもの
  2. ブランド性のあるもの
  3. 生地の状態がいいもの、特に未使用品
  4. 証紙つきのもの
  5. 大きめの銘仙

以下、1つずつ解説します。

①絹製のもの

まず、銘仙の素材は買取のうえで大きなポイントです。

絹製の着物であれば、値段がつきます

一方で、化学繊維やウール製の着物は大量生産されており、希少性が低いため、値段がつきづらいとされています。

②ブランド性のあるもの

有名作家による銘仙や、有名ブランドの銘仙は、高額査定の可能性が高いです。

下記の作家ものが、有名着物とされています。

  • 由水十久 (ゆうすい とく)
  • 久保田一竹 (くぼた いっちく)
  • 北村武資 (きたむら たけし)
  • 羽田登喜男 (はた ときお)
  • 木村雨山 (きむら うざん)
  • 喜多川平朗 (きたがわ へいろう)
  • 小宮康孝 (こみや やすたか)
  • 玉那覇有公 (たまなは ゆうこう)
  • 柿本市郎 (かきもと いちろう)
  • 上野為二 (うえの ためじ)
  • 与那嶺貞 (よな みねさだ)
  • 中村勝馬 (なかむら かつま)
  • 古賀フミ (こが ふみ)
  • 宗廣力山 (むねひろ りきざん)
  • 山田貢 (やまだ みつぎ)
  • 平良敏子(たいら としこ)
  • 志村ふくみ (しむら ふくみ)
  • 森口華弘 (もりぐち かこう)
  • 田島比呂子(たじま ひろし)
  • 青木滋芳 (あおき しげよし)
  • 川島甚兵衛 (かわしま じんべい)
  • 伊達弥助 (だて やすけ)
  • 北出与三郎 (きたで よざぶろう)

③生地の状態がいいもの、特に未使用品

銘仙の保存状態が良ければ良いほど、買取額は高くなる」というポイントは、着物買取の基本です。

というのも、買い取られた銘仙は、基本的に、そのままの状態で再販されるからです。つまり、「問題なく再販できる程度に、綺麗な状態か」という点が重要なのです。ですから、未使用に近い銘仙は需要が高く、査定額も高くなるのです。

特に、仕付け糸が付いたままの未使用品は高額で買い取られます。

仕付け糸」とは、購入時に袖口・襟口などに縫い付けられている糸のことです。

④証紙つきのもの

証紙(しょうし)とは、着物の品質や産地を証明する紙のことです。

つまり、証紙があれば、価値のある着物であることの証明になるのです。

証紙の有無によって、査定金額が倍以上変わってしまう場合があるほど、重要なポイントになります。

特に、有名産地の銘仙に証紙がついていると、高額査定の可能性が高くなります。

  • 足利銘仙
  • 桐生銘仙
  • 伊勢崎銘仙
  • 秩父銘仙
  • 八王子銘仙

⑤大きめの銘仙

大きめの銘仙は、高額査定となりやすいです。具体的には、身長165cm以上の銘仙が「大きめ」と判断されます

大きめの銘仙は、以下のような理由で需要が高いのです。

  • 現代人の身長は高く、再販には丈の高い着物の需要が高い
  • 背の高い外国人観光客へのレンタルに使いやすい
  • サイズの大きな着物は、小さいサイズに仕立てやすい

⑥大正ロマン・昭和モダンの銘仙

大正ロマン・昭和モダンといえるような印象の銘仙も、高額査定となりやすいです。

 
鮮やかな色合いでモダンな印象の銘仙は、現代の着物にはないような特徴であるため、希少性が高いからです。

また、レトロな着物は現在、流行しているため、買取需要も高いのです。

銘仙を高く売るコツ

銘仙を高く売るためのコツとして、以下の4つのポイントが挙げられます。

  1. セット品は揃えて査定に出す
  2. 保存状態に気をつける
  3. 古くならないうちに査定に出す
  4. 買取店の最新情報をチェック

以下、1つずつ解説します。

①セット品は揃えて査定に出す

証紙がある場合は、高額査定の根拠になりますから、忘れずに銘仙と一緒に査定に出しましょう。

ほかにも、以下のような付属品も合わせて査定に出すことで、価値が上がることがあります。

  • 付属の小物
  • 付属の上着
  • 購入時の箱
  • 収納袋

②保存状態に気をつける

未使用品でなくても、また、多少の汚れ・損傷があっても、気軽に査定を依頼できる買取店はたくさんあります。

しかし、あまりにも状態が悪いものは、値段がつかない可能性が高いです。ですから、使用済の銘仙を売る際には、できるだけ良い状態で保存をしておくことが重要です。

多くの買取買取店は、たとう紙に包んで保管することを推奨しています。

たとう紙」とは湿気を防ぐための紙で、「文庫紙」とも呼ばれます。100円均一ショップで購入できます。1年に1回ほど替えるのがベストです。

また、着物はどれも生地が傷みやすいため、電気の光や日光が当たらず、かつ通気性の良い場所で保管しましょう。

さらに、銘仙が複数ある場合、シワ防止のため、重ねすぎないことが重要です。

汚れが少ないほうが査定額は高くなるものの、汚れが気になるからといって、事前にクリーニングに出すのは危険です。かえって生地が傷んでしまうリスクがあるからです。

どうしても事前にクリーニングをしておきたい場合は、着物専門のクリーニング店を利用しましょう。

しかし、着物のクリーニングは費用が高いため、最終的な買取額を上回ってしまう恐れがあります。

③古くならないうちに査定に出す

銘仙を含め、売ることが確定している和装品があれば、できるだけ早く売りましょう。

保存状態に気をつけていたとしても、年月が経つと生地や材質がどうしても傷みやすくなります。

状態が良いほど値段がつきやすいですから、年季が入らないうちに売ることも大切です。

④買取店の最新情報をチェック

各買取店の公式サイトでは、「最近、どんな着物を買取強化中なのか」という点を明記している場合があります。

「買取強化中となっているもの=買取の需要が高く、より高く買い取られるもの」ですから、手元の銘仙が強化中の品目かどうか、確認しておくといいでしょう。

また、買取店によっては、「◯点以上の査定で査定額△%UP」「初回利用の場合、査定額UP」など、キャンペーンを実施しているところもあります。キャンペーンがある買取店に目星をつけることで、賢く銘仙を売ることができますね。

このように、利用したい買取店が絞られてきたら、利用前に最新情報を確認しておくことが大切です。

2021年4月現在、全国展開の買取店で行われているキャンペーンについては、こちらの記事にまとめています。

銘仙はどこで売るべき?

最後に、銘仙をどこで売ればいいのかという点について解説します。

銘仙を売るなら「買取店」で

銘仙の売り方には、以下の5種類があります。

買取店顧客の不要品を査定し、買い取りをする場所
リサイクル
ショップ
顧客の不要品を査定し、買い取ったり処分回収したりする場所
質屋顧客が持ってきた品物を預かる代わりに、お金を貸す場所のこと
ネット
オークション
出品者の不用品に対して、指定した買取額が最も高かった人に商品が売られる
例:ヤフオクなど
フリマアプリ出品者が自分で値段をつけた不用品に対して、最初に購入希望を出した人に商品が売られる
例:メルカリなど

このなかで、着物買取にもっとも適しているのは「買取店」です。

リサイクルショップやオークション、フリマアプリなどとは異なり、買取店では査定のプロが着物を見てくれるため、より高く買い取ってもらえるからです。

なかでも、着物の専門性が高い買取店がおすすめです。単に査定のプロであるだけはなく、着物の本当の価値を見出す能力があるからです。

ここからは、全国対応のおすすめ買取店5選を紹介します。

①バイセル

  1. 出張買取・店頭買取・宅配買取に対応
  2. 「安心して利用できる出張買取サービス」で2年連続1位
  3. 着物買取に強み、買取対象品多数
出張店頭(持込)宅配
買取方法
対応エリア全国全国9箇所全国
査定額の支払い日査定当日査定当日成約即日〜2営業日以内
査定額の支払い方現金手渡し現金手渡し銀行振込
手数料無料無料送料:無料
返送料:有料
備考無料宅配キットあり
その他サービス
営業時間電話問い合わせ:24時間(年中無休、土日祝もOK)
持込買取対応センター:センターにより異なる
運営会社株式会社BuySell Technologies

『バイセル』は、年間問い合わせ数27万件を誇る大手買取店です。着物をはじめとして、買取対象品はブランド品、ジュエリー、切手、時計など多岐に渡ります。

バイセルはいわゆる総合買取店であるため、着物だけを専門にしているわけではありません。ただし、運営元である株式会社BuySell Technologiesは、「バイセルオークション」でも着物の販売を手がけており、着物の取り扱い実績の多い会社といえます。

2019年の調査によると、「顧客満足度が高い出張買取」「価格満足度が高い出張買取」「安心して利用できる出張買取サービス」で2年連続1位を獲得しています。出張買取に強みがあります。

『バイセル』では、出張買取の他にも、持込買取・宅配買取も利用できます。どの買取方法を選んでも、申込から査定、現金化までの流れがスピーディです。

公式サイト詳細ページ

②買取プレミアム

  1. 着物高価買取の実績
  2. 出張買取では女性スタッフ指名可能
  3. 買取対象品多数
出張店頭(持込)宅配
買取方法
対応エリア全国東京本社全国
査定額の支払い日査定当日査定当日成約から最短即日
査定額の支払い方現金手渡し現金手渡し銀行振込
手数料無料無料送料:無料
返送料:有料
備考宅配キットなし
その他サービス
営業時間電話受付:24時間(土日祝も受付)
運営会社株式会社BuySell Technologies

『買取プレミアム』は、大手の買取専門店です。査定対象品は着物以外にも、切手、古銭、貴金属、ブランド品など多岐にわたります。

出張買取・持込買取・宅配買取のすべてに対応しており、特に出張買取に強みがあります。

たとえば、全国に査定スタッフが在籍しているため、最短では、申込当日に査定することができます。また、申込者が女性の場合に限り、女性の査定スタッフを指名することも可能です。

 

株式会社BuySell Technologiesは、上記で紹介した買取店『バイセル』と同じ運営元です。どちらも着物買取の実績がありますが、『バイセル』との違いは「持込買取の対応場所数」です。

『バイセル』が全国9か所で対応しているのに対し、『買取プレミアム』の持込買取では、東京本社だけでの対応となっています。

公式サイト詳細ページ

③福ちゃん

  1. 着物以外も買取対象品多数
  2. 着物は最も力を入れている商材
  3. 利用者の90%が満足
出張店頭(持込)宅配
買取方法
対応エリア全国関東・関西に10箇所全国
査定額の支払い日査定当日査定当日成約から1~5 営業日
査定額の支払い方現金手渡し現金手渡し銀行振込
手数料無料無料送料:無料
返送料:有料
備考無料宅配キットあり
その他サービス遺品整理・遺品買取、WEB査定、LINE査定
営業時間フリーダイヤル:9:00-20:00(土日祝も営業)
メール申込:24時間対応
店頭買取:店舗により異なる
運営会社株式会社REGATE

『福ちゃん』は、着物以外にもさまざまな品を買い取っている大手買取店です。

当サイトが『福ちゃん』に取材をしたところ、着物は『福ちゃん』が最も力を入れている商材であることがわかりました。

公式サイトによると、利用者のうち90%の人が「買取価格」「商品知識」「対応」に満足しており、大好評を得ています。

 

『福ちゃん』では、出張買取・店頭買取・宅配買取に対応しているほか、遺品整理や遺品買取も行なっています。

さらに、画像を送信するだけで大体の査定額がわかる「WEB査定」「LINE査定」も実施しています。

なお、2020年12月現在、店頭買取に対応している店舗は、関西に6箇所、関東に4箇所の合計10箇所のみとなっています。

公式サイト詳細ページ

④ザ・ゴールド

  1. 着物の買取だけで10万件前後の実績
  2. 全国に78店舗を展開
  3. 遺品整理・生前整理もOK
出張店頭(持込)宅配
買取方法
対応エリア全国全国78店舗全国
査定額の支払い日査定当日査定当日成約即日(最短)
査定額の支払い方現金手渡し現金手渡し銀行振込
手数料無料無料送料:無料
返送料:有料
備考宅配キットなし
その他サービス生前・遺品整理、法人買取
営業時間電話問い合わせ:10:00〜18:00(年中無休)
メール受付:24時間受付
店舗営業:店舗により異なる
運営会社株式会社マックスガイ

『ザ・ゴールド』は、2020年2月の日本マーケティングリサーチで、「安心して自宅に呼べる出張買取サービス」「友人にもお勧めしたい買取専門店」「終活・生前整理、遺品整理もできる買取専門店」で1位を獲得しています。

さまざまな品を買い取っていますが、なかでも着物の買取に強みがあります。当サイトの取材によると、着物の買取だけで10万件前後の実績があるとのことです。

出張買取・店舗買取・宅配買取の3つの買取方法に対応しているほか、法人を対象にした買取や、生前・遺品整理も実施しています。買取対象品も多様で、着物以外のものも査定してくれます。

どの方法を選んでも、査定金額は最短即日でお渡し(宅配買取の場合は振込)となります。

 

『ザ・ゴールド』の着物買取では、シミや色褪せがあるものでも買取OKとなっています。また、着物そのものだけでなく、着物に関連する帯や簪(かんざし)、コートなども買取対象です。

値段がつかなかったものは、寄付や処分のために無料で引き取ってもらうことができます。

公式サイト詳細ページ

⑤着物10(旧・ヤマトク)

  1. 宅配買取のみに特化
  2. 無料宅配キットあり
  3. 着物買取専門だが、着物以外も査定
出張店頭(持込)宅配
買取方法
対応エリア全国
査定額の支払い日成約から2営業日以内
査定額の支払い方銀行振込
手数料送料:無料
返送料:有料
備考無料宅配キットあり
その他サービス
営業時間電話申込:24時間対応
WEB申込:24時間対応
運営会社株式会社山徳

『着物10』は、宅配買取専門の着物買取店です。年間10,000件以上の買取実績があります。

『着物10』の宅配買取は、査定料・送料・振込手数料・梱包キット代すべて無料なので、便利です(ただし、査定品の数の条件を満たしていないと、自分で箱を用意する必要があります)。

また、着物専門の買取店である点も大きな特徴です。扇子や帯など、着物関連の小物も買取可能です。

運営会社は、ブランドや貴金属の買取も運営しているため、着物以外のものをまとめて発送すれば、各専門のスタッフが査定をしてくれます。

公式サイト詳細ページ

まとめ

以上、この記事では、銘仙の買取相場や、銘仙の特徴、銘仙を高く売るための方法などについて解説しました。

最後に、記事の重要なポイントをおさらいしましょう。

銘仙買取のまとめ

  • 無名の銘仙の買取相場:
    500円〜5,000円
  • 有名な銘仙の買取相場:
    8,000円〜30,000円
  • 証紙があれば忘れずに査定に出そう
  • 銘仙は「買取店」で売ろう

ABOUT ME
着物買取アドバイザー千夏
着物買取アドバイザー千夏
『着物買取の極』の管理人です。 新卒1年目で、Webライター歴3年目。 着物買取について常に勉強しながら、独自調査もまじえ、わかりやすく情報を発信しています。
\迷ったら本サイトおすすめ買取店で!/

着物買取店選びに迷ったら、本サイト認定の優良出張買取店をおすすめします

優良買取店の出張買取なら…
  • 専門性や信頼性◎
  • 家から一歩も出ずに買取完結
  • 査定当日にその場で現金化
  • 重い着物を持ち運ばなくて済む

ここからは、本サイトの独自の評価基準で★3.5以上を獲得した出張買取店を19選紹介します

続きはこちら

関連記事はこちら