着物買取の基礎知識

着物を高く売るコツは?高く売れる着物の特徴まで詳しく解説

着物買取で損をしたくない!

せっかく着物を売るからには、できるだけ高い値段で買い取ってもらいたいですよね。

この項目では、着物を高く売るためのコツや、高く売れる着物の特徴を解説します。

着物を高く売るためのコツ

着物を高く売るためのコツとして、以下の4つのポイントが挙げられます。

  1. セット品は揃えて査定に出す
  2. 保存状態に気をつける
  3. 古くならないうちに査定に出す
  4. 買取店の最新情報をチェック

以下、1つずつ解説します。

①セット品は揃えて査定に出す

証紙は捨てずに、また忘れずに、着物と一緒に査定に出しましょう。

ほかにも、以下のような付属品も合わせて査定に出すことで、価値が上がることがあります。

  • 付属の小物
  • 付属の上着
  • 購入時の箱
  • 収納袋

②保存状態に気をつける

未使用品でなくても、また、多少の汚れ・損傷があっても、気軽に査定を依頼できる買取店はたくさんあります。

しかし、あまりにも状態が悪いものは、値段がつかない可能性が高いです。ですから、使用済の着物を売る際には、できるだけ良い状態で保存をしておくことが重要です。

多くの買取買取店は、たとう紙に包んで保管することを推奨しています。

たとう紙」とは湿気を防ぐための紙で、「文庫紙」とも呼ばれます。100円均一ショップで購入できます。1年に1回ほど替えるのがベストです。

また、着物の生地は傷みやすいため、電気の光や日光が当たらず、かつ通気性の良い場所で保管しましょう。

さらに、着物が複数ある場合、シワ防止のため、重ねすぎないことが重要です。

汚れが少ないほうが査定額は高くなるものの、汚れが気になるからといって、事前にクリーニングに出すのは危険です。かえって生地が傷んでしまうリスクがあるからです。

どうしても事前にクリーニングをしておきたい場合は、着物専門のクリーニング店を利用しましょう。

しかし、着物のクリーニングは費用が高いため、最終的な買取額を上回ってしまう恐れがあります。

③古くならないうちに査定に出す

売ることが確定している着物・帯・和装小物があれば、できるだけ早く売りましょう。

保存状態に気をつけていたとしても、年月が経つと生地や材質がどうしても傷みやすくなります。

状態が良いほど値段がつきやすいですから、年季が入らないうちに売ることも大切です。

④買取店の最新情報をチェック

各買取店の公式サイトでは、「最近、どんな着物を買取強化中なのか」という点を明記している場合があります。

「買取強化中となっているもの=買取の需要が高く、より高く買い取られるもの」ですから、あなたの手元の着物が強化中の品目かどうか、確認しておくといいでしょう。

また、買取店によっては、「◯点以上の査定で査定額△%UP」「初回利用の場合、査定額UP」など、キャンペーンを実施しているところもあります。キャンペーンがある買取店に目星をつけることで、賢く着物を売ることができますね。

このように、利用したい買取店が絞られてきたら、利用前に最新情報を確認しておくことが大切です。

現在、全国展開の買取店で行われているキャンペーンについては、最新情報をこちらの記事にまとめています。

高く売れる着物の特徴

①絹製の着物

まず、着物の素材は買取のうえで大きなポイントです。

絹製の着物であれば、値段がつきます

一方で、化学繊維やウール製の着物は大量生産されており、希少性が低いため、値段がつきづらいとされています。

②ブランド性のある着物

有名作家による着物や、有名ブランドの着物は、高額査定の可能性が高いです。

下記の作家ものが、有名着物とされています。

  • 由水十久 (ゆうすい とく)
  • 久保田一竹 (くぼた いっちく)
  • 北村武資 (きたむら たけし)
  • 羽田登喜男 (はた ときお)
  • 木村雨山 (きむら うざん)
  • 喜多川平朗 (きたがわ へいろう)
  • 小宮康孝 (こみや やすたか)
  • 玉那覇有公 (たまなは ゆうこう)
  • 柿本市郎 (かきもと いちろう)
  • 上野為二 (うえの ためじ)
  • 与那嶺貞 (よな みねさだ)
  • 中村勝馬 (なかむら かつま)
  • 古賀フミ (こが ふみ)
  • 宗廣力山 (むねひろ りきざん)
  • 山田貢 (やまだ みつぎ)
  • 平良敏子(たいら としこ)
  • 志村ふくみ (しむら ふくみ)
  • 森口華弘 (もりぐち かこう)
  • 田島比呂子(たじま ひろし)
  • 青木滋芳 (あおき しげよし)
  • 川島甚兵衛 (かわしま じんべい)
  • 伊達弥助 (だて やすけ)
  • 北出与三郎 (きたで よざぶろう)

③生地の状態がいいもの、特に未使用品

着物の保存状態が良ければ良いほど、買取額は高くなる」というポイントは、着物買取の基本です。

というのも、買い取られた着物は、基本的に、そのままの状態で再販されるからです。つまり、「問題なく再販できる程度に、綺麗な状態か」という点が重要なのです。ですから、未使用に近い着物は需要が高く、査定額も高くなるのです。

特に、仕付け糸が付いたままの未使用品は高額で買い取られます。

仕付け糸」とは、着物の購入時に、袖口・襟口などに縫い付けられている糸のことです。

④証紙つきのもの

証紙(しょうし)とは、着物の品質や産地を証明する紙のことです。

つまり、証紙があれば、価値のある着物であることの証明になるのです。

証紙の有無によって、査定金額が倍以上変わってしまう場合があるほど、重要なポイントになります。

特に、下記のような伝統工芸品の着物に証紙がついていると、高額査定の可能性が高くなります。

  • 友禅
  • 江戸小紋
  • 絞り
  • 紅型
  • 大島紬
  • 本塩沢
  • 結城紬
  • 読谷山花織
  • 首里織
  • 琉球絣
  • 越後上布
  • 小千谷紬
  • 琉球紅型
  • えぞ織
  • 長井紬
  • 牛首紬
  • 伊那紬
  • 天蚕紬
  • 群上紬
  • 大石紬
  • 丹波布
  • 出雲絣
  • 久留米絣
  • 綿さつま絣
  • 八重山上布
  • 宮古上布
  • 芭蕉布
  • 琉球紬
  • 能登上布
  • 読谷山花織
  • 本場黄八丈
  • 本場久米島紬

⑤大きめの着物

大きめのものは、高額査定となりやすいです。具体的には、身長165cm以上の着物が「大きめ」と判断されます

大きめの着物は、以下のような理由で需要が高いのです。

  • 現代人の身長は高く、再販には丈の高い着物の需要が高い
  • 背の高い外国人観光客へのレンタルに使いやすい
  • サイズの大きな着物は、小さいサイズに仕立てやすい

⑥格式の高い着物は高額査定のチャンス

以下のような「格式の高い着物」は、査定額が高い傾向があります

  • 訪問着
  • 色留袖
  • 振袖
  • 色無地

これらはもともとの価値が高いだけでなく、買取需要が高いため、査定額が高くなりやすいです。

逆に、普段着として着るような紬(つむぎ)や浴衣などは、査定額が低くなりやすいと言えます。

なお、喪服や黒留袖などは、上記で挙げた着物よりもさらに格式が高いですが、査定額は低いです。

なぜなら、喪服や黒留袖などは改まった式典だけで着るものであり、買取需要があまりないからです。

浴衣は査定可能?着物買取で売れるもの・売れないものを徹底解説 買取を申し込むうえでは、「売りたい着物が査定対象かどうか」という点が気になりますよね。 そこで、この記事では、以下の3つ項...

まとめ

以上、この記事では、高額査定になりやすい着物と、高額査定のためにできることを紹介しました。

最後に、それぞれのポイントを表でおさらいします。

着物を高く売るためのコツ セット品は揃えて査定に出す
保存状態に気をつける
古くならないうちに査定に出す
買取店の最新情報をチェック
高く売れる着物とは 絹製であるかどうか
有名な産地・作家・呉服店の着物であるかどうか
生地の状態が良いかどうか
丈・サイズが大きいかどうか
証紙や付属品などが揃っているか

買取の申込前に、これらのポイントをおさえておきましょう。

ABOUT ME
着物買取アドバイザー千夏
着物買取アドバイザー千夏
『着物買取の極』の管理人です。 新卒1年目で、Webライター歴3年目。 着物買取について常に勉強しながら、独自調査もまじえ、わかりやすく情報を発信しています。
\迷ったら本サイトおすすめ買取店で!/

着物買取店選びに迷ったら、本サイト認定の優良出張買取店をおすすめします

優良買取店の出張買取なら…
  • 専門性や信頼性◎
  • 家から一歩も出ずに買取完結
  • 査定当日にその場で現金化
  • 重い着物を持ち運ばなくて済む

ここからは、本サイトの独自の評価基準で★3.5以上を獲得した出張買取店を19選紹介します

続きはこちら

関連記事はこちら