高級品でも安心・手間なし!着物の出張買取の流れとメリットデメリット

買取方法で選ぶ
着なくなった着物を買い取ってもらいたいけど、どのような方法で査定してもらえばいいの??

着物の買取方法は大きく分けて3つあります。

  1. 持込買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取

個人の希望や状況に合わせて、上の3つのいずれかの方法で着物の買取を行うことができますが、今回は、❷の出張買取についての利点や買取の流れをご紹介したいと思います。

【1】出張買取とは?

まず最初に、出張買取とはどのような買取方法なのでしょうか?

出張買取とは、希望の日にちに合わせて専門スタッフに自宅まで来てもらい、目の前で査定してもらう買取方法です。

多くの買取店が、査定料・キャンセル料・出張料を全て無料で行っているので、売りたい品物が多い方、近くに買取店がない方に嬉しい方法ですね。

【2】出張買取の流れ

続いて、出張買取の流れを見ていきましょう。流れは3ステップでとっても簡単です。

①買取の申込み

まずは電話やメールで出張査定日の予約申込みをしましょう。

売りたい品物の詳細を聞かれた時のために、着物や小物の状態などをある程度把握しておくとスムーズでしょう。

②自宅にて査定

希望の日時に専門スタッフが自宅まで来て、目の前で査定を行います。

古物営業法により本人確認として身分証明書(運転免許証・健康保険証等)が必要となるので用意しておきましょう。

家の中まで入ってもらうのに抵抗がある方は、玄関先での査定を希望できる買取店もあります。

③現金の受け取り

査定金額に納得できれば、その場で現金の受け渡しとなります。

査定額に納得がいかなければ、売却をキャンセルすることもできます。(キャンセル料もかからない買取店がほとんどです。)

【3】出張買取のメリット・デメリット

それでは次に、出張買取のメリットとデメリットを見比べてみましょう。

出張買取のメリット
  • 目の前でプロが査定してくれる
  • その場で現金の受け取りができる
  • お店に持ち込む手間がかからない
  • 売りたいものが多い時に便利
  • 高価な着物を無駄に動かさずに査定してもらえる
出張買取のデメリット
  • 家の中をキレイにしておく必要がある
  • 査定の時間前後は家にいないといけない
  • わざわざ来てもらっているので売却キャンセルしづらい
  • 1点だけ、小物だけだと遠慮して申し込みづらい

店に持っていく必要もなく、家で待っていれば査定員が来て目の前でしっかりチェックしてすぐに現金がもらえるのが魅力の出張買取。品物が多かったり、明らかに高価なものを査定してもらいたいときに最適です。

査定日までに家を片付けておく必要がありますが、しっかり掃除する良い機会と思えばプラスになるでしょう。

ただし出張の場合、わざわざ家まで来てもらっているという思いから、査定額に納得がいかなくても売却を断りづらいというデメリットも。

また、多くの買取店で「1点だけでもOK」と謳っていますが、1点のためだけにわざわざ来てもらうのは気が引けるという方もいるでしょう。

【4】最後に…出張買取はこんな方におすすめ!

①売りたい品物が多い方

買取店まで車でも結構距離があるし、売りたいものも多いから、運んだり箱詰めするだけでも大変・・・

②高級な着物をお持ちの方

かなり高級なものだから、着物の取り扱いに慣れていない自分が持ち運ぶのは怖い・・・良い状態のまま査定してもらいたい!

出張買取の1番の魅力は、自分が動く必要も、着物を動かす必要もないこと。

売りたい品物が多くてまとめて運ぶのが大変という方、近くに着物買取店がない方、足腰が悪くて外出がおっくうなお年寄りの方など、実際に多くの方が出張買取に満足しています。

また、高級な着物を査定してもらいたい方にも出張買取がおすすめ。高価な着物を下手に動かすことなく、良い状態でプロに査定してもらい、売却後も丁寧に持ち運んでくれるので安心です。

ぜひ着物買取の参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク