買取方法で選ぶ

安心だけど手間もかかる!着物の【持込買取】の流れと特徴

着なくなった着物を買い取ってもらいたいけど、どのような方法で査定してもらえばいいの??

着物の買取方法は大きく分けて3つあります。

  1. 持込買取:あなたが買取業者の店舗に着物を持って行き、査定をしてもらうという方法
  2. 出張買取:買取業者の査定士があなたの自宅に出張し、査定と買取をする方法
  3. 宅配買取:あなたが宅配で買取業者の店舗に着物を送り、査定をしてもらうという方法

あなたの希望や状況に合わせて、上の3つのいずれかの方法で着物の買取を行うことができますが、今回は、❶の持込買取(店頭買取)についての利点や買取の流れをご紹介したいと思います。

持込買取(店頭買取)とは?

まず最初に、持込買取とはどのような買取方法なのでしょうか?

持込買取とは、着物買取対応しているお店に売りたい着物を持ってきて、目の前で査定してもらう買取方法です。

ただし、店舗によっては即日ではなく、査定に数週間かかることもあります。このため、即日現金買取を希望の場合はあらかじめ店舗に連絡して聞いておきましょう。

持込買取の流れ


続いて、持込買取の流れを見ていきましょう。流れは以下の3ステップでです。

  1. 買取の申込み
  2. 店頭にて査定
  3. 現金の受け取り

以下、1つずつ解説します。

①買取の申込み

店舗によっては査定員が予約で埋まっているなど、せっかく店に行ってもすぐに見てもらえない可能性があります。

また店舗によっては事前予約が必須のところもありますので、まずは電話などで買取の申込みの連絡をすることをおすすめします。

また、買取当日は、身分証明書(運転免許証・健康保険証等)が必要となるので、忘れずに用意しておきましょう。

②店頭にて査定

お店に着物を持っていって、目の前で専門のスタッフが査定してくれます。

ほとんどの店舗が無料で査定を行っています。買取額に納得がいかなければ、無料でキャンセルすることも可能です。

買取を依頼する着物の量や、各着物の状態にもよりますが、速い場合は5分ほどで査定が完了します。

③現金の受け取り

査定金額に納得できれば、その場で現金の受け渡しとなります。(※即日現金買取可能の店舗の場合)

売却をキャンセルする場合は、そのまま持ち帰ることができます。

持込買取のメリット・デメリット

それでは次に、持込買取のメリットとデメリットを見比べてみましょう。

宅配買取のメリット

  • 目の前でプロが査定してくれる
  • その場で現金の受け取りができる
  • 家の中に査定員をあげる必要がない
  • 受け取った現金で新しい着物や骨董品をその場で買える

宅配買取のデメリット

  • 持ち込むまでの着物の取り扱いや移動が面倒
  • キャンセルの際に持って帰る手間がかかる
  • 家の近くに着物買取店がない場合がある
  • 査定員が足りず、すぐに見てもらえない可能性がある

最後に…持込買取はこんな方におすすめ!

①目の前で査定してほしい方

思い出の詰まった大事な着物だから、信頼できる店でプロに目の前でしっかり査定してもらいたい!

②他人を家にあげたくない方

わざわざ家にあがって査定してもらうのにはちょっと抵抗がある・・・お店の方が気がラク!

持込買取は、手間のかかる買取方法といえます。宅配や出張と異なり、取り扱いが難しい着物を自分で持ち運ばなければならないからです。

とはいえ、大事な着物を思い切って売るときは、やっぱり目の前でしっかり査定してもらい、納得のいく金額で売却したいですよね。家に来てもらうことに抵抗があり、着物を安心して持ちこめる店舗が近くにある場合、持ち込み買取はおすすめです。

ぜひ着物買取の参考にしてみて下さい!

\出張買取で早く、高く、着物が売れる!/
  • 1円でも高く着物を売りたい…
  • 急にお金が必要になった!できるだけ早く現金化したい…
  • 家の近くに着物を持ち込める店舗がない…

とお悩みのあなた。今話題の出張買取サービスへ一度、問い合わせてみませんか。

  • 全国どこでも無料対応
  • 出張費完全無料
  • 事前の電話相談可
  • 24時間365日受付
  • 最短30分のスピード対応
  • 女性査定員による訪問

今はこのように、ひと昔前までは考えられなかった便利なサービスが続々と登場しており、思い入れのある大切な着物を安全・安心に買い取っていただけます。

続きはこちら